Ty  Attic Treasures



Attic Treasuresは、アメリカTy社の製品の一つです。
"Attic"は屋根裏部屋、"Treasures"は宝物のことです。
Ty社のAttic Treasures collectionは、
屋根裏部屋で長い年月忘れられていた、
古いおもちゃ箱から出て来たような
アンテイーク風ぬ いぐるみをイメージしています。
手足、首がジョイントになっていて動いたり、
服を着ているものが多いのも特徴です。
Attic Treasures(アティックトレジャース)は、
Beanieと同じくTy の製品ですが違うシリーズで、
こちらの方がBeanieよりも先に発売されています。
Attic TresuresはBeanieよりも歴史が古く、
手・足の付け根の部分が動くようになっているぬいぐるみのことで、
以前はTy collectiblesと呼ばれていました。
98年1月からAttic Treasuresとなりました。
Beanieはクタっとした感触になるようにビーンがつまっていますが、




Atticの方はアンティーク風なコンセプトで作られているので、
テディベアの伝統にならって動物たちの手足が動いたり、
服を着てたりするものが多いです。




大きさも色々ですが、最近リリースされているものは
Beanieと同じくらいのサイズになってます。
Attic Treasuresは日本発売されなかった頃の初期のモデルは
裸のクマが首にリボンだけ巻いていて、
手・足・首がジョイント構造で動くようになっていました。
その後、モデルチェンジを重ねてかわいいセーターを着たり、
衣装をつけたりしたものも多く現れてきました。
でも全部ではありません。
ジョイント構造になっていないものや、
服を着ていないモデルなど色々です。
一時ジョイント構造でないモデルが増えましたが、
ファンの声に答えて最近はまた手・足・首が動く
よき伝統が守られています。
Attic TreasuresにもExclusive(限定モデル)はあります。
しかし、Beanieほど種類が多くないのと、
「SAKURA」のような日本限定が出たことがなかったので
今まであまり知られていませんでした。
イギリス限定モデルのJACKやカナダ限定のMACKENZIEがあり、
これらは12インチの大きなクマで国旗のセーターを着ています。




2001年後期になってドイツ、イギリス、カナダと続けて
背中に国旗のついたジャンバーを着た限定モデルが登場しました。




日本にも初めてのExclusiveとして「KYOTO」が登場しました。




ベア大好きの私は、どちらかというと、眉目秀麗なお顔の子より
「ユニークなお顔の子」が好きです♪(笑)
おもしろい子がたくさんいます★
どうぞお楽しみくださいませ!(^_-)★




*Attic Treasuresの説明は、Candy Pullさんの許可を得て、記載しています。
Candy PullさんのHPは、http://www.01.246.ne.jp/~pull/ です♪